?シャオナンは突然瞬き、群衆は混んでいたが、彼女は群衆に混んでいた。出て来なさい。

なんて素晴らしい機会の無駄だ!

ナン?シャオナンは首を横に振ったが、南京桑拿楼凤网この時にボス?ルオも搾り出されているのを見て、すぐに立ち上がったが、ボス?ルオは腰をかがめて地面から何かを拾った。

「なにこれ?」

「今歩いていた背の高い剣士が地面に落としたもの」ボス?ルオがそれを手に取ってブランドだとわかった。

「ねえ、これはシードされたプレイヤーの証明書です!」混雑した兵士が叫んだ。

一瞬にして群衆は突然静かになり、群衆は部屋を作るのに一生懸命に絞った。

「彼は実は種まきの選手だ!」

第102章で、叔父のモサンはまた、

「邪魔にならないで、この領主はモサンであり、彼は将軍の家のドアマンです!」

背が高く、強く、強い剣術、それはモサンが誇りに思っていることです。傲慢ですが、彼は確かに将軍の中で最強です。

モザンビークは、特に3、2日の最も厳しい時期に、これらの用務員が目を楽しませないのを長い間見ていました。イェニチェリは昼夜を問わず街をパトロールし、多くの娯楽施設が閉鎖されました。モザンビークと彼の兄弟は遊ぶ場所がありませんでした。

胃の火。

彼はこれらの帝国の警備員にそれを見てもらうことに決めました。これはおそらく市民の戦士と公式の兵士の間の関係です。

「証拠を見せてください。」しかし、警備員は武器を直接モザンビークの前に置き、「証拠がなければ通過できません」

「あなたは盲目ですか?私を知らない。誰ですか?私は誰ですか?」モザンビークです!」

「証拠を見せてください。」

フィールドで戦おうとしている周囲のオーディション選手たちは、この瞬間に目を向けた。このとき、モ?サンは目を細め、背中の後ろにある大剣の剣に手を置いた。何も言わずに。ハンドルの上。

と畜の雰囲気が一気に満たされました。

ここの通路を守っていた警備員は動かず、目を南京夜生活spa论坛向けさえしませんでした。

モッサンはしばらく彼をじっと見つめ、ついに冷たい鼻を鳴らした。彼は腕を伸ばして、「警備員はほんの数人だ。このおじは怠惰すぎてあなたのことを気にかけられない。私がこのチャンピオンになった後競争、この叔父はあなたを許さなければならない…あなたは待つ!」

この時、モー?サンの目は広がり、彼は彼の腕の証拠が消えたことに気づいた。

モサンは突然魂を失ったように見え、顔が少し変わった。今回出かける前に、彼