ました。彼の前にはテレビ局のスタッフが手で座っていました。その情報をもとに、隣に助手が立っている。

「シュサン、こんにちは」高山義見が先に話し、

西野とシュウは頭を向けて立ち上がらなかった。とてもカジュアルだった。

「だからあなただ。、どういたしまして。「

izプログラムのスクリプトは単純ですが、それについて話し合う必要があります。また、南京夜生活spa论坛プログラムのプロデューサーは、スクリプト作成者に彼のための簡単なリンクを設計するように特別に依頼しました。ちょうど今、私はプロセスについて話し合っていました。

」そしてShusang正午「高山の口の角が上がり、西野一樹の気さくな態度にとても満足しているよう南京夜网论坛 に、2つの小さなくぼみが引き抜かれました。

そして齋藤飛鳥は苦しんでいるので、多くの人が目を輝かせています。全く配れなかったのですが、ラウンジに西野と一樹がいれば秘密の倉庫に来て、挨拶をした後、物を落としたふりをして引き返すと、一気に手紙が完成したようですが、うまくいかないようです。

それは、直接その上にメッセージを送信しました。

斎藤の鳥がちょうどすぐにこのタスクを完了したい、そう私の心はいつも少しブロックを感じました。

「だけでなく、スタジオでお会いしましょう。」

「さようなら。」

齋藤あすかと高山は退いた。外出後

、エージェントは齋藤あすかに「あすか、今すぐ一言も言わなかったの?」と言った。

南京楼凤论坛

鳥は反応し、何も言わなかった。手紙を

届けようと思っていたところ、「ごめんなさい」と齋藤飛鳥は答え

、「先輩が挨拶するのは基本的な礼儀正しさです。気をつけてください」

「わかりました」と

高山一。陳も齋藤あすかに気を配り、何か気になっているように感じた。今は聞かなかったので仕方がない。

「あすかソース、大丈夫?」

「あ、いや、なんで聞いたの?」ふじあすかは驚きの質問にびっくりし、すぐに

「ぼんやりしていて、トイレに行くと男子トイレに足を踏み入れそうになったと思う」

「いや、実はよく眠れなかった。昨日は遅すぎた。 南京桑拿按摩「

ほんと?大丈夫。」高山は怪しげに彼女を見た。ここ

に来たとき、車の中で眠くなくて読んでいた。不思議だった。

齋藤飛鳥はもっと言葉を失くなければならないという真実を知っている。そこで、口を閉じてラウンジに戻りましたが

、30分以上前にレコーディングが始まり、スタッフが事前にゲストをお迎えしますので、南京桑拿网斉藤飛鳥はまだ15分ほどで完